スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国原庵桑茶のご紹介

国原庵桑茶
無題
定価 3,000円
50g入り 賞味期限5年

はじめまして^^

祖母の長年の高血圧をどうにかしてあげたいと考えていた時、不思議なご縁で「国原庵桑茶」にめぐり合わせて頂きました。
病院で血圧の薬を飲んでいても常に150以上、少し動いたり緊張すると180~測定器のエラーが出るほどの高血圧でした。
このままではいつ倒れてもおかしくない、けれど高齢ゆえ、さらに強いお薬を飲むとふらふらするとのことで、悩んでおりました。

「国原庵桑茶」を飲み始めてもしばらくは一進一退。
しかし3か月をすぎたころ少し体調がよくなってきました。
現在も日々変動はありますが、大体120~130、高い時で150くらいです。(お薬は続けています)
おばあちゃん子の私には大変うれしいことでした。

「国原庵桑茶」は医薬品ではないので、素人の私には「~に効果がある」などとは言えませんが、祖母の体調がよくなったのはきっと「国原庵桑茶」のおかげだなぁと思っています。そういえばこの1年は私も祖母も風邪をひいていません。
体の調子を穏やかに整えてくれるお茶ではないかと思っています。古代からの人類の知恵の結晶ですね。

良いお茶だと思いましたので、多くの方に知っていただこうと思い、このブログを始めました。
すこしずつ健康に関する記事を書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

国原庵桑茶の品質と価格

 このブログのトップページには「国原庵桑茶」の大きな画像と内容量・価格を掲示してあります。

 桑茶は健康茶として人気があるので、さまざまな商品がさまざまなお値段で売られています。
 安いものでは4~500円、高いものでは数千円クラスまで本当にいろいろですね。

 「国原庵桑茶」は1袋3000円で、高価な部類に入るかと思います。
 けれども、原材料や製造法のことを知って頂ければきっと納得頂けることでしょう。
 以下に、「国原庵桑茶」創始者大西巧将さんのサイト「国原庵の奥座敷」より引用させていただきます。
 
国原庵桑茶は因幡の国(鳥取県の9号線沿い)という日本低温多雨の
japan-1.jpg
(↑↑↑前職の海産物問屋ではお世話になりました山陰の地域です。 )
日本の最清涼地のフィカスと胡早生早生などという無肥料の自生の桑だけを選び
採り子(各分業の名)が採り、11行程の末、私が2種類をおよそ1:1で混ぜております。
  

 このように、自然豊かな場所の、しかも自生の桑(無肥料・無農薬ということです!)を厳選して作っておられます。
 無農薬というのは、口に入れる物として安心であるということはよく分かりますが、「無肥料」というのもポイントです。
 大西さんは長年の経験から
 「やはり肥料を与えた桑と天然の自然の桑の葉は違う。健康茶としてのききめにも差がでてくる」とおっしゃっています。
 また、
 「今は無肥料の桑畑でも、過去に肥料を与えていた畑で採った葉も自然の桑とは違ってくる」ともおっしゃっていました。

 製造方法にもこだわりがあります。
 「国原庵桑茶」は丁寧に細かく粉砕されていますが、これは機械を全く使わず、大西さんがすべて手作業で行っておられます。
 機械を使うと金属の刃で静電気が起こり、大切な成分が失われてしまうのだそうです。
 見た目だけでは全くわかりませんが、お客様のために、見えない部分でも手を抜かず、心を込めて製造されています。
 
 
 

どなたにも飲みやすい国原庵桑茶

 普段から飲む機会が多い緑茶や麦茶などはどんな風味なのか想像がつきやすいかと思います。
 けれど「桑のお茶」ってどんなお味?と聞かれると知らない方も多いと思います。

 私も「国原庵桑茶」を飲むまでは桑のお茶は飲んだことがありませんでした。
 「変わった味だったらどうしようかな・・・」と心配していましたが、思ったよりも全然、飲みやすくておいしいなと思いました。

 味の識別力はあまりないので参考にならないかもしれませんが、たとえて言うなら麦茶とほうじ茶の中間のようなお味だと思います。色もそんな感じです^^
 もちろん煎じ具合によって濃い薄いの違いはでてくるでしょうが・・・。

 これまで友人知人にお勧めして飲んでもらったりもしましたが、「おいしい」「飲みやすいね」とのコメントでした。
 毎日飲んでも飽きのこないなじみやすいお味だと思います。

 また麦茶と同様に、「カフェイン」が含まれていないお茶です。ですので、眠る前に飲んでも目が冴えて困るということはありません。カルシウムが豊富に含まれているのでむしろ気分が落ち着くかもしれませんね。
 子どもさんやご高齢などで刺激物は避けたいという方にも飲んでいただけるかと思います。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。